スポンサーサイト
--/--(--) --:--|スポンサー広告|-|-|edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猫の妹
01/02(Tue) 22:45|人形劇(人間対人形)comment(0)trackback(1)edit
人形劇。(人間対人形)

何コレ?



*********************************************
ネモ 「つばさ、この子誰ですか?猫耳がついていますが…」
何コレ?

つばさ「あ~それはね。こないだのドルショで予約したごにょごにょ…
ネモ 「私の稼いだお金でドールを買ったんですね
つばさ「いや、その、一人じゃ寂しいかな~と思って
ネモ 「二桁の数の仲間がいて寂しい訳無いでしょう!
    むしろ人口過密ですよ!!」
つばさ「でも猫耳の22㎝クラスのドールは持ってなかったし、
    モデルに丁度良かったって言うかなんと言うか…
    まぁ、服は私が作るからその辺は勘弁して」
ネモ 「まったく…箱あけますよ!」

がさごそがさごそ

ぼ~

ネモ 「長旅ご苦労様。大丈夫ですか?」
○○○「…………」
ネモ 「つばさ、反応がありませんが何処か破損しているんでしょうか…」
つばさ「まだ頭がはっきりしてないんじゃない?」
○○○「……ねーちゃんは?
ネモ 「ねーちゃんって誰です?」
つばさ「同時発売された猫姉さんの事じゃない?」
ネモ 「では、そのお姉さんはどちらに?」
つばさ「買ってないよ」
ガーン

○○○「ねーちゃんがいない…
    ねーちゃんがいないぃ―――――――
じたばた

○○○「お゛ね゛ー ぢ ゃ ん゛が い゛な゛い゛―――――――――
びぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ
○○○「お゛ね゛ー ぢ ゃ ん゛が い゛な゛い゛―――――――――
ネモ(耳を押さえながら)
   「なんで一緒に買っておかなかったんですか!!」
つばさ(耳を以下略)
   「だって数合わせに一緒に買って
    妹の方ばっかりかまってたらそっちの方がかわいそうじゃん!!!」
ネモ 「仕方ありませんね
○○○「お゛ね゛ー ぢ ゃ ん゛が い゛な゛い゛―――――――――
ネモ 「いいですか猫耳の子。
    姉、妹と言ってもそれは店舗の付けた設定上の事、
    実際には工場で色々なドールと一緒に製造されていて、
    同じ材料で作られているとは限らないのです。
    だから本当はお姉さんはいていないようなものなんですよ」
○○○「お゛ね゛ー ぢ ゃ ん゛が い゛な゛い゛―――――――――
ネモ 「だから…」
○○○「お゛ね゛ー ぢ ゃ ん゛が い゛な゛い゛―――――――――
びぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ
ぶち。  
ネモ 「分かりました!それでは私が貴方の姉になりましょう!!」
まかせなさい

ぴた。
○○○「………ねーちゃん?」
ネモ 「そうです。
    ですが姉と言っても甘えは許しませんよ。
    それから私の事は『ネモお姉さん』と呼びなさい」
○○○「ねーもーねーちゃん?」
ネモ 「ネモ姉さん」
○○○「ねーねーちゃん?」
ネモ 「ネ モ ね え さ ん」
○○○「れもねーしゃん」

  -小1時間-

ネモ 「ネモ姉さん!!」(ぜぇぜぇ)
つばさ「ちょっとネモ」
ネモ 「なんですか!!」
つばさ「ちょっと下見てみ」
はぁ

ネモ 「寝てる…私のナイトまで…」
つばさ「え~…一応取り返してあげようか?」
ネモ 「いいです、もう…」
スポンサーサイト
name:
url:
pass:

管理者にだけ表示

TRACKBACK

No.1
管理人の承認後に表示されます⇒ 2012.11.21 23:21
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。